婚約指輪とは婚約を証明するための指輪

婚約指輪とは男性か女性に贈る指輪のことで、別名エンゲージリングとも呼ばれます。タイミングは人によって様々ですが、プロ―ポーズの際に渡すのが多く、少なくとも、プロポーズから結婚式までには渡すべきものとされています。また、最近では、プロポーズの後に二人で婚約指輪を選びに行くカップルも増えています。

デザインは華やかなものが多く、ダイヤモンドが装飾されている指輪が一般的です。ダイヤモンドは永遠の愛を象徴する宝石であることから、婚約指輪の主流になったのもうなずけますよね。ダイヤモンドの他にも様々な宝石が飾られている婚約指輪があるため、誕生石や彼女の好きな宝石が装飾された指輪を選ぶのも良いのではないでしょうか。

結婚後は結婚指輪を身につけるため婚約指輪の出番は少なくなってしまいがちですが、記念日などの二人にとって特別な日に身につけるのも良いでしょう。結婚指輪と重ねて身につけるのもアリです。

結婚指輪とは二人が夫婦であることを証明する指輪

結婚指輪とは結婚式の際に二人で交換し合う指輪のことです。こちらはマリッジリングとも呼ばれています。婚約指輪は男性から女性に贈るものですが、結婚指輪の場合は二人でお金を出すのが一般的です。

結婚指輪は日常生活で身につけることが多い指輪であるため、シンプルなデザインのものが好まれます。代表的なものにはストレートラインの指輪やS字、V字ラインなどの指輪があります。また、結婚指輪だから夫婦で全く一緒のデザインでなければならないというわけではなく、お互いに異なったデザインの指輪でも大丈夫です。

結婚指輪は長く身につけていきたいものですから、定期的なお手入れを忘れず、大切に扱いましょう。

婚約指輪は婚約期間に贈られるとても大切な記念品です。一粒タイプの指輪が主流ですが、普段使いには向いていません。一粒タイプにこだわらず、好きなデザインを選べば活躍の場がもっと増えそうです。