打ち合わせはいつ頃から始まるの?

たくさんのブライダルフェアに出かけて式場巡りをして、ようやく決めた結婚式場に予約を入れたらすぐに打ち合わせに入るのかと思ったら実はそうではありません。もちろん他の部分で準備を行うことはしていかなくてはいけませんが、式場との詳細な話をするのは挙式の規模によっても若干前後してきます。早めに打ち合わせをしても、挙式が近づいてくると人数等の変更が出てきてしまうと内容自体が変更になってより忙しくなってしまいます。平均すると遅くても約2~3ヶ月前ぐらいから打ち合わせを始めますが、回数自体も2~3回程度です。しっかりと限られた時間を有効に使って、素敵な挙式ができるように協力していきましょう。

相談する内容ってどんなこと?

結婚式場での打ち合わせも緊張すると思いますが、初回の話は結婚式の流れの大枠を決めることと招待状の発想準備をしていきます。当日の進行や司会などを決めることや、次回の打ち合わせの内容について軽く説明があって終わります。次の段階ではさらに挙式や披露宴の細かい内容を詰めていくのですが、演出や料理・ドリンク類、ウエディングケーキや引き出物とかなり盛りだくさんの内容です。テーブルコーディネートやBGM、写真や映像に関してどうするかなどを決めます。最後の打ち合わせでは挙式の約一ヶ月前になっているので、きちんと最後の内容を確認して決定し、メイクなどのリハーサルをしていきます。見積もりに関してもきちんと最終で出して支払いの説明を受けて、当日に挑みます。

名古屋の結婚式場はきらびやかな装飾やチャペルの有無、オリジナル感が重視されます。見た目の豪華さで招待客を楽しませようとする傾向が強いようです。