夢が膨らむ結婚式場選び。理想の式場を選びましょう

どんな結婚式場があるの?

結婚が決まり、次のステップへ。嬉しい結婚式について考えると、いろいろ夢が膨らみますよね。理想の結婚式を挙げる結婚式場には、どのようなものがあるのでしょうか。

結婚式場は主に4つの会場スタイルがあります。まずはホテル。こちらは宿泊施設と交通の便がいいことがメリットにあげられます。遠くからの友人や親戚を迎えるには、とてもいい会場だと言えるでしょう。次は、専門式場です。結婚式をするため専門の会場なので、スタッフの対応や施設が充実しています。安心して任せられますね。それから、レストランを会場にする方法もあります。美味しいお料理と、アットホームな雰囲気が人気の様です。そして最後はゲストハウス。一軒家を貸し切る形なので、自由に結婚式を演出したい人にお勧めのスタイルです。

式場見学で自分たちに合った会場を選びましょう

このように様々な会場スタイルがあり、どれにするか選ぶのも迷ってしまいますね。そんな時は実際に式場見学をして、その雰囲気を体感してみましょう。式場見学ではただ見学するだけでなく、見積もりを出してもらうこともできます。大まかな予算も算出できますね。また、ブライダルフェアを開催している所もあり、衣裳の試着や料理の試食などもできます。

式場見学で見ておかなければならないポイントとしてはまず、交通アクセスや駐車場、宿泊施設などです。それから式場の設備、エレベーターや化粧室などの使い勝手も重要です。スタッフの接客態度も見ておいた方がいいですね。そして会場内の広さや雰囲気、演出方法なども確認しておきましょう。

一生に一度の結婚式。2人の理想の式が挙げられるような式場を選びたいですね。

郡山の結婚式場にはゲストハウスが多めです。プールや庭や教会などいろいろな特徴を有しておりオリジナルの演出がしやすいのです。

北欧風インテリアの主役!部屋を広々と見せるローソファ

ローソファがもたらすリラックス気分

インテリアの分野で人気が高い北欧スタイルの主役の一つが、天然木の温かみを活かしたロータイプの家具類です。その中でも多くの人にこだわりを持って選ばれるローソファは、味わい深い木製フレームやシンプルかつクールなデザインから、インテリアのタイプを選ばずに導入できる点でも人気を呼んでいます。ソファはテーブルと共にかさばる家具の一つだけに、デザインによってはリビングを狭く見せてしまいかねませんが、ロータイプであることでその心配を減らし、床面に近い位置に座る感覚は畳の生活に慣れている日本人に馴染みやすく、リラックス気分を高めやすい点も人気です。

日常の暮らしに溶け込むローソファ

ローソファは日常の食事を楽しむ際のダイニングソファとしても最適で、高さやデザインによっては懐かしいちゃぶ台のイメージもあるローテーブルを囲んで団らんのひとときを過ごす時に、欠かせないアイテムとなります。室内のレイアウトをできるだけ効率良い状態にしておきたいリビングダイニングの場合、部屋の角スペースが有効に使えるコーナーソファの前にローテーブルを配しておけば、その他の場所を広めに使うことにも役立ちます。通販サイトで商品写真を見ながら好みのローソファが気軽に選べる便利な時代になりましたが、ネット上ではサイズ感の把握が難しいこともあって、予定の場所に置けるかどうか寸法をしっかり確認しておくことが大事です。デザインや材質によっては下部に湿気が溜まりやすくなるため、カビ対策の徹底が必要になることもあります。

ソファ ダイニングはソファでくつろいだり食事をすることが1つの空間でできるので、空いたスペースを有効活用することができます。

異国情緒漂う!ヴィンテージ・モロッコ風ウエディング

好きなものをテーマに

結婚式の準備では、テーマを決めて演出を考えていくのが基本です。たとえば、お気に入りの国や町をテーマにして、ウエディング会場を旅の目的地に見立ててもいいでしょう。テーマをモロッコにしたのなら、足を踏み入れた途端に目に飛び込んでくるエキゾチックな世界を展開していきます。エントランスは、かわいいガーランドと思いきや、ゲストを席へと誘導するエスコートカードをつるしてゲストを迎えるといいでしょう。ロープを張ってモロッコタイルのようなカードをピンチで等間隔に留めていきます。また、透かしリーフの入ったランプシェードは、空間をモロッカン風にする名脇役です。デザイン違いのシェードを高低差をつけて吊るすとバランスがとれます。オリエンタルな照明は異国情緒漂う空間にしてくれるでしょう。

にぎやかでも統一感を

テーブルデコレーションは、多種類の花材を使用し、フラワーベースは様々な素材でサイズも大小いろいろにして、リズム感を出します。カラーは、マスタードとブラウンのこっくりビターな配色にすれば、ビビットな装花や派手なデコレーションもまとまって大人っぽく見えますよ。

天井もデコレーション

メインテーブルをゲストから見たとき、大部分を占める天井は、印象を左右する大事なスペースです。布が重ねるようにセットし、背景にはエスニック風のラグを壁掛けにして、無駄な空きスペースをなくすようにします。柄と柄、色と色の多様な布を天蓋にしましょう。ほかにも、宙に舞うウールで作ったボンボンガーランドでデコレーションしてもよく、黄色、緑色といった深みのある色彩はボルドー色の天蓋とよく合うでしょう。

ブライダルフェアに参加してギフト券がもらえてるというサービスをしている京都の結婚式場があります。会場の魅力を実際に体験できます。

実は知らない人も多い?婚約指輪と結婚指輪の違いとは

婚約指輪とは婚約を証明するための指輪

婚約指輪とは男性か女性に贈る指輪のことで、別名エンゲージリングとも呼ばれます。タイミングは人によって様々ですが、プロ―ポーズの際に渡すのが多く、少なくとも、プロポーズから結婚式までには渡すべきものとされています。また、最近では、プロポーズの後に二人で婚約指輪を選びに行くカップルも増えています。

デザインは華やかなものが多く、ダイヤモンドが装飾されている指輪が一般的です。ダイヤモンドは永遠の愛を象徴する宝石であることから、婚約指輪の主流になったのもうなずけますよね。ダイヤモンドの他にも様々な宝石が飾られている婚約指輪があるため、誕生石や彼女の好きな宝石が装飾された指輪を選ぶのも良いのではないでしょうか。

結婚後は結婚指輪を身につけるため婚約指輪の出番は少なくなってしまいがちですが、記念日などの二人にとって特別な日に身につけるのも良いでしょう。結婚指輪と重ねて身につけるのもアリです。

結婚指輪とは二人が夫婦であることを証明する指輪

結婚指輪とは結婚式の際に二人で交換し合う指輪のことです。こちらはマリッジリングとも呼ばれています。婚約指輪は男性から女性に贈るものですが、結婚指輪の場合は二人でお金を出すのが一般的です。

結婚指輪は日常生活で身につけることが多い指輪であるため、シンプルなデザインのものが好まれます。代表的なものにはストレートラインの指輪やS字、V字ラインなどの指輪があります。また、結婚指輪だから夫婦で全く一緒のデザインでなければならないというわけではなく、お互いに異なったデザインの指輪でも大丈夫です。

結婚指輪は長く身につけていきたいものですから、定期的なお手入れを忘れず、大切に扱いましょう。

婚約指輪は婚約期間に贈られるとても大切な記念品です。一粒タイプの指輪が主流ですが、普段使いには向いていません。一粒タイプにこだわらず、好きなデザインを選べば活躍の場がもっと増えそうです。

結婚式の雰囲気を体感!ブライダルフェアに行きましょう

ブライダルフェアへ行く前に

主に週末、結婚式場で開催されているブライダルフェア。華やかなイベント、気軽に参加して結婚式の雰囲気を味わえるということで大変人気です。でも、せっかく式場を見学できるいいチャンスです。きちんと準備して参加したいですね。

まず、2人でどんな結婚式を挙げたいかをよく話し合っておきましょう。どんな雰囲気で、どのくらいの人数のゲストを呼ぶのかや、式を挙げる大まかな日程、予算も重要です。また、希望の挙式スタイルや演出、衣裳なども考えておきましょう。ある程度、2人の中で結婚式の概要が決まっていれば、ブライダルフェアに参加する式場も選びやすくなります。

それから、ブライダルフェアに参加する際には大きめのバックとメモ帳、カメラなどを持っていきましょう。大きめのバックはパンフレットなどの書類を持ち帰るため、メモ帳とカメラは式場の様子などを記録するためです。

ブライダルフェアではこんなことができます

ブライダルフェアでは、結婚式に関する様々な体験ができます。まず、試食会では実際に披露宴に出される料理の一部の試食をします。どんな味か、事前に確認できますね。それから模擬挙式では、新郎新婦役のモデルが実際に挙式を行う様子を見学します。反対の立場、ゲストからはどう見られているのかが確認できます。そして試着会では、結婚式で着る様々なドレスの試着ができます。いろいろ着て、自分に似合う一着を探すのもいいですね。また会場コーディネート見学では、披露宴会場の装飾の様子を見ることができます。写真では分からない雰囲気を確認するいい機会です。

気に入った式場があれば、相談会で見積もりを出してもらうこともできます。結婚式場選びが大きく進みますね。

ブライダルフェアは、結婚式場の見学や、実際に披露宴で出される食事の試食、ドレスの試着など、結婚式場選びに欠かせないイベントです。実際に体験をすることで、より具体的なイメージを持つことができます。

結婚式の思い出作り!前撮りも楽しんでみてはいかが?

前撮りってどんな事をするの?

結婚式を意識し始めると式場の手配など一般的な準備だけでなく、前撮りについても気になってくるのではないでしょうか。文字通り結婚式の前に、和装やウェディングドレスを着用して写真を撮ることです。ゲストとして招待された時には分かりにくいですが、自分たちが結婚式をして当日写真を撮ってもらう側になると、綺麗に思い描いたようなイメージどおりの写真を残す時間がなかったりするものです。時間に余裕のあるうちに撮影しておく事で、後から見返しても思い出深い一枚を残す事ができます。

和装の時にお勧めの場所

和装で前撮りをするのであれば、やはり圧倒的に人気があるのは神社です。地元のこぢんまりとした場所で撮影してもらうのもいいですし、京都を初めとした人気の神社で撮影をするカップルもたくさんいます。写真スタジオ側でも和装向けのプランが数多くありますので、楽しめそうなロケーションを用意してくれるところを選ぶのも一つの手です。和装は着慣れていない分だけ難しく考えてしまいがちですが、二人で相談しながら素敵な場所を探してみて下さい。

洋装のときにお勧めの場所

ウェディングドレスであれば比較的撮影する場所も決めやすいカップルも多いです。多くはチャペルなどを選んで撮影する事が多いのですが、思い出深い場所がある場合にはそちらに出向いて撮影する方も少なくありません。ドレスはそれほど場所を選びませんので、気になる場所があれば撮影スタッフに相談しながら、ずっと永遠の思い出に残る写真が撮れるように楽しみましょう。

結婚式の前にあらかじめ写真撮影を行う前撮りの楽しみ方として、本番とは異なる髪型やメイクをしたり、小物を使ったりすることがあります。同じドレスでも二つの雰囲気を楽しめるため、いい記念になるでしょう。

結婚式場は色々種類がある!失敗しない式場選びのポイントは?

まずはどんな式を挙げたいのかイメージしよう!

どの結婚式場で式を挙げるかで、式の内容もガラッと変わります。だからこそ、式場を選ぶ前にどんな式が理想なのかをしっかり考えておくことが大切です。式場を決めてから、「こんなはずじゃなかった」と後悔しないようにしましょう。自分と相手との2人で理想の結婚式のイメージを話し合うことから始めてください。例えばたくさんの人を呼んで盛大に式を挙げたい、身近な人だけでアットホームな式を挙げたいなどですね。これだけでも、選ぶべき式場は変わってきます。他にも和風な式にしたいのか、本格的なチャペルで式を挙げたいのかも決めておきましょう。こういったイメージを話し合い、理想の結婚式を明確にしておくことで、選ぶべき式場がはっきりしてきますよ。

こだわりたいポイントを明確に!

結婚式場を選ぶ時に重要になってくるのが、いかにこだわりポイントを明確にしておくかということです。しっかりしたこだわりを持っておかないと、式場選びですごく迷ってしまいます。基準があればそれに合わせて式場を絞り込めますよね。逆に基準がないと「あれも良いな、これも良いな」となかなか式場選びが進みません。特にブライダルフェアや式場の見学に行く前には、こだわりポイントを明確にしておくと良いですよ。
例えばガーデンで挙式を挙げたい、式場は外国のような雰囲気が良い、マーメイドドレスを着て式を挙げたいなどです。どういったポイントを重要視するかは人それぞれ。自分が理想とする式を挙げるためには何が必要なのかを考えて、それを実現させてくれる式場を探すようにしましょう。

九州最大の都市である福岡の結婚式場はこれから結婚する二人にぴったりする式場がいろいろあります。小規模でも大規模でもいろいろな種類があります。

知っておいたほうがいい!?結構式場を選ぶ際のポイント

式場見学は忘れないで

結婚、それは一生に一度のイベントになるので、最高の思い出にしたいですよね。だからこそ、誰もが結婚式場選びに迷うことかと思います。

特に今の時代、結婚式場の種類だけでも、ホテルやゲストハウス、神社などありますし、ロケーション、料金、交通の便など結婚式場の条件も数多くありすぎて迷っちゃいますよね。本やインターネットを見ていても、多すぎて調べるだけでも疲れちゃいます。それでも、いろいろと条件を絞っていけば、自分たちが希望する結婚式場もある程度はいくつかは絞れてくるはずです。

ある程度自分たちが希望する結婚式場が絞れてきたら、忘れずにやってもらいたいのは式場見学です。会場の外観や料金などは資料請求で分かるのかもしれないですが、式場スタッフの対応、細かい内装、料理の味などは実際に行ってみないと分からないことがあるからです。

式場見学は意外にも結構重要なのです。

ゲストのことも考えて

結婚式というと、新郎新婦が主役です。二人の思い出に残る最高の場所で結婚式を挙げたいですよね。でも、自分たちのことばかりではなくて、ゲストのことも考えてください。忙しい合間を縫って来てくれるゲスト、遠方から来てくれるゲストなどなど様々な方がいらっしゃいます。そんなゲストに失礼があってはいけません。

遠方から来るゲストの方が多いようであれば、ホテルがいいかもしれないです。遠方から来て、結婚式に参加してとなると式が終わったころには夜です。ホテルであれば、急いで帰らないといけないという心配もしなくていいですし、一泊してゆっくり体を休めることが出来るからです。

ゲストのことも考えたうえで結婚式場を探して、お互いにとって最高の結婚式を挙げましょう。

福岡の結婚式場は大都市にあり交通の便が良くて参加者に案内しやすく、ホテルや教会など好みに合わせて決めると効果的です。